忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
シャーロック・ホームズ秘宝の研究
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
武田信玄(あかね文庫版)
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
ラプラスの魔女
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78

シャーロック・ホームズ秘宝の研究



数年前にシャーロックというBBCのドラマにはまって以降、シャーロック関連のみならず、元ネタのホームズ関連の書籍や雑誌等を購入したり図書館で借りたりしてましたが、それらの本を読むといい確率で登場する名前が北原尚彦さんという名前。

雑誌なら監修に名前があったり、中のエッセイを担当してたり、気が付いたら翻訳にも名前があったりして、この人一体誰なのさ!?と調べたところ、有名なシャーロッキアンだったことが判明。
で、ちょうどその頃、図書館の返却棚に北原さんのホームズパスティーシュシャーロック・ホームズの蒐集を見つけて、「へぇぇ、こういうオリジナル小説っぽいのも書くんだ~」とその後ホームズ連盟の事件簿ホームズ連盟の冒険と、次々に読破(全部図書館ですw)。

本を読み終わった後にやりがちなのが、アマゾンで他の人のレビューを読むこと。
「この人はこう思ったのか~」とか「私だったらこの話が好みだったな」などなど…感想を共有するというのは、現代ならではの楽しみ方ですよね。

そしてアマゾンのお約束「この商品を買った人はこんな商品も買っています」にてあがってきたのが、こちらの秘宝の研究
確か発売直後くらいの話で、もちろん図書館にはナシ。
タイトルから勝手にパスティーシュだと思い込み、たまには買ってみるかと何も考えずに購入ボタンを押したわけですが…。

到着した本をパラパラ見てびっくり!
パスティーシュではなく、北原さん所有のホームズ関連グッズ紹介本でした。

ええー、小説じゃないのかよー。
…と一瞬がっかりしました。
図書館から借りた本だったら、読まずに返却した可能性大ですが、今回は購入。
買ったからには読まないともったいないと読み始めたところ…これが予想外に面白かったです。

そもそも人の持ってるグッズ紹介なんぞ面白いものかねーとつい思ってしまうわけですが、北原さんの購入した経緯、グッズにまつわるエピソードなどが、どれもこれも面白すぎ~。
しかもシャーロック関連なら、自分もそこそこ読んだり買ったりしてるから、知ってるものが出てくるとニヤリとしたり…。

しかしホームズ関連ってどこにでもあるものですねぇ。
腰痛の本にまで登場するんだから、びっくりです。
それから英語の原文をそのまま機械翻訳した意味不明本「の猟犬バスカヴィル家」(←原文)!あれを日本語版で購入した人って北原さんくらいではないだろうか!!
アマゾンの本は、(本によりますが)発売してしばらく経つと「なか見!検索」という、最初の数ページを試し読み出来るシステムが存在しますが、この本にそれがついてたら、まず誰も買わないでしょうね~。
ただし北原さんだけは、なか見!検索を見ても購入しそうな気がしますw

とまあ、この本で北原さんのグッズ紹介本の面白さに目覚めてしまった私、その後同じ系統のシャーロック・ホームズ万華鏡を読み、SF関連の古本紹介本のSF奇書天外SF奇書コレクション、珍しい児童書ばっかり集めた発見!こどもの古本など、最近は忙しくご無沙汰気味だった図書館に足しげく通い、次から次へと借りまくり~。

が、どの本もほとんど数年前の発売で、最近借りたキテレツ古本漂流記に至っては20年前。当然図書館の書架には置いてなくて、スタッフに依頼して書庫から取り寄せてもらうことに。
最近貸し出しや返却は、自動で出来るようになり、カウンターの利用はほぼ皆無ですが、書庫からの取り寄せだけはカウンターからお願いするしかなく、しかも郊外の図書館故、カウンターにいるのは大体同じようなスタッフさんたち。同じ著者の本を1~2冊ずつ、数日おきに頼んでいる私は、そろそろスタッフさんに顔を覚えられそうです…。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne