忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
シャーロック・ホームズ秘宝の研究
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
武田信玄(あかね文庫版)
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
ラプラスの魔女
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[1]  [2]  [3]  [4

ラプラスの魔女



ガリレオシリーズ、加賀恭一郎シリーズが、本だけでなくテレビや映画でも大ヒットして以降、続々と映像化される東野作品。
今や日本一のベストセラー作家と言っても過言ではないでしょう。
10年ちょっと前(←具体的には直木賞受賞前)なんか、最新作でも数ヶ月後には図書館の書架に普通にあったなんて、信じられませんねぇ。
↑今や新作となれば予約待ち数百人で、順番回ってくるまで半年以上はかかる模様。ちなみにこれも発売は2015年5月なので2年以上前です。

この本のタイトルを初めて見たのは、映画の予告。
どうも近々公開されるらしいです。
その時は「ふーん、東野さん、また映像化されるんだ」くらいにしか思いませんでしたが、偶然図書館の返却棚で再びこの本を発見。
そういえば最近東野さんの本読んでなかったな~…と、久々に借りてみました。

内容はこちら↓

温泉地で起きた硫化水素事故。亡くなったのは著名な映像プロデューサーの水城義郎
最近40歳近く年下の女性千佐都と再婚し、介護施設にいる義郎の実母は、若い妻が財産ほしさに殺害したのではと疑ってる様子だが、温泉地なら硫化水素が突然どこかから噴出しても不自然ではないし、発生する場所を予想してそこに被害者を連れてくるなんて、通常は不可能。

しかし、その温泉地では、これまでそんな事故は起きたことはなく、町は死亡ニュースで観光客減の危機に…。
そこで、町の幹部たちは、専門家青江修介に調査を依頼して安全を保障してもらうことにしたが、偶然なのか故意なのか、方向が全く見えないうちに、違う温泉地でも似たような硫化水素の事故で死者発生。
今度亡くなったのは、売れない俳優、那須野五郎
水城義郎とは無関係のように見えたが、青江がよく調べると、共通の知人、脚本家の甘粕才生という人物が浮かびあがってきた。
さらに調べると、甘粕は数年前に硫化水素が原因で、妻の由佳子、長女萌絵を亡くし、長男謙人は植物状態になってしまったのだ。
この事件と温泉地での事故は関係があるのか?
そして青江が調査中に温泉地で出会った、不思議な能力を持つ女性、羽原円華は何者なのか?

うん、さすがに東野さんの作品、最後までぐいぐい読ませますねぇ。
読めば読むほど謎が出てきて、先が気になり、一気に読み終わりましたが、一方読み終わって冷静に考えるとあれこれ気になる点も出てきます。
というわけで、ここからはネタバレつっこみ開始。

そもそものきっかけは、七年前に起きた、甘粕萌絵の硫化水素自殺
妻と長男はこれに巻き込まれましたが、父親の才生はその時、水城義郎と北海道の日高にいて、ケータイで家族の不幸を知った模様…。
↑というのが表向きの事件ですが、これは甘粕の偽装工作
硫化水素自殺を装い、自分の理想とかけ離れた家族を抹殺しようとしたのが、事件の真相です。
で、北海道で甘粕のアリバイを担当したのが、水城義郎と那須野五郎。

…うーん、さすがにこれはいろいろと無理がありませんかね。
まず萌絵が硫化水素を自宅で発生させて自殺するというのが、おかしい。
彼女は中学の時妊娠騒動を起こし、高校になってからダンスに目覚めて多少まともになった…とのことですが、どう見てもわざわざ自宅で硫化水素を発生させるほど化学に精通しているとは思えません。
そりゃあ、ネットで調べたらいろいろ出てくるかもしれませんが、自殺したいならそんなまどろっこしいことせず、普通に首つりとか飛び降りでしょう。
実際いじめなどが原因で中学生や高校生の自殺がニュースになるときは、大抵そんな感じの方法です。
どうしても家族全員一気に殺したいと思うなら、一酸化炭素中毒辺りにしておけば、甘粕家の不幸な事故ということで、片付いたのに…。

それからアリバイ工作も何だか雑です。
北海道の日高地方でどこに滞在したのか分かりませんが、誰かの自宅とは書いてないから、きっと旅館とかホテルでしょう。
那須野が甘粕にそっくりという描写がないから、二人が似てるということもないはず。
警察が写真を持って聞き込みすれば、ホテルのスタッフは誰か一人くらい覚えてそうですが…。
ここは、設定段階で水城義郎が持っている別荘などにしておけばよかったですね。

というか、甘粕才生は有名な脚本家。その家族が大変な事件に遭ったのですから、ワイドショーは連日騒いだはずです。
一応失意を装っている本人が、マスコミのインタビューに応えるかどうかはともかく、甘粕才生の過去の写真や映像が新聞テレビに登場し、ひょっとしたら記者が日高地方の宿泊先などに行くかもしれません。
もちろん、家族の友人知人にも記者がインタビューに行き、いろんなことを聞き出したでしょう。
萌絵の中学時代の妊娠騒動や、妻が友人や実家に夫の異常な完璧主義についてグチを言ってた…などの重要な小ネタもそこで仕入れ、事件がきっかけで明らかになった甘粕一家の素顔と甘粕才生の裏の顔!という感じで、一大ニュースになったはず。

後に甘粕の書いたブログでは、理想の家族として、彼の望んだ、奥さんや娘、息子の理想的な姿が描かれていますが、このニュースの段階でマスコミが真実の家族を暴いているので、そもそも彼はブログを書いたかどうか…。
いや、ブログ以前に、このワイドショーの一連の報道がきっかけで、警察もただの自殺から甘粕による殺人を疑いそうです。
で、最初は乗り気だったけど後からビビり出した水城義郎辺りが警察の追及に負けて真実を告白し、甘粕は逮捕…。
ネットではマスゴミなどと叩かれがちなマスコミ業界、この事件に関してだけはいい働きをしてくれそうな予感がするのに、この作品内のマスコミは何もしなかったのでしょうか。
それとも、たまたま別の地域で東日本大震災レベルの災害が起きて、記者はみんなそっちに行ってしまったのでしょうか…。


…何だかキリがないので、甘粕事件に関するツッコミはこの辺にしておきます。

ちなみに、この物語のキーワードになるのは、硫化水素と脳科学
脳の一部分をいじることで、驚異的な能力が身に付けられる…という話が出てきますが、このテの脳外科関係は東野さんお得意のネタでしょう~。
古くは宿命(1990年)、変身(1995年)でも使われてました。
↑他にもあったかもしれないけれど覚えてない。
でもまあ、このネタを読むなら、変身の方が面白かったかな。

それから一番蛇足に感じたのは、親子の認識に関する話。
通常父親が子を殺すなんて有り得ないが、甘粕才生は生まれつきその父性行動がそなわっていないから、こういう事件を起こした…と書いてありますが、それは彼が特殊というわけではないのでは?
世の中、実の親による虐待は、結構多いですよ。
最近増えてきたとか言われてますが、それは社会的な認知件数が増えただけで、昔からそれなりにあったはずです。
正直その設定&説明はいらなかったような…。。
普通によくあるサイコパスで片付いた気がします。


そんなわけで、一応面白くは読めたけれど、そう何度も読み返した本ではないかな?
東野さんは以前どこかで、図書館に本を置くから作家の売り上げが伸びない…的なことを書いてたように思いますが、正直東野さんの本は面白かったけど、もういいやになることが多いので、衝動買いやジャケ買いはし難いと思ってます。
というか、最後に購入した東野さんの本は容疑者Xの献身。昔は白夜行とか幻夜、加賀恭一郎シリーズの短編集などを買ってたんですけどね~。

最近の著作は、図書館の書架や返却棚にある時だけ一応読むけれど、買う気はしません。
そろそろ昔の作品を彷彿させるような、重厚な本を書いて欲しいです。
PR

機長、事件です!



最近なかなか新規の作家さんの本を読むことがないのですが、図書館の返却棚で見つけて衝動的に借りてみました。

主人公は間宮次郎
ニッポン・エアラインで訓練を積んで、晴れて副操縦士の資格を得た新人パイロットですが、初めての国際線勤務にて、氷室翼という美人で有能な機長と副機長の幸村操雄とフランスのシャルル・ド・ゴール空港の往復をすることに。
平穏に往復勤務が終わるかと思いきや、ミステリのお約束通りいろいろな事件が起こるわけですが…。

まず一番興味深かったのは、航空業務の細かいあれこれ。
そもそもパイロットになる過程はどんなの?とか、パイロットの定番持ち物って何?とか、飛行機に乗る前の打ち合わせの様子とか、コックピットの中でのやりとりとか、とにかくよく調べてあります。
作者のご両親とお姉さんがパイロットだそうで、そこは納得。

飛行機の業務の様子といえば、映画やドキュメンタリーでもたまに見かけますが、その場合ほとんどが事故やハイジャックの時。
そういう意味で考えると、何も起こらない通常業務の様子は、ほぼ見ることもないので、面白く読み進めました。

ただ逆に言うと、面白かったのはそこだけかな~。
登場人物の魅力とか、ストーリーの面白さ、ミステリの完成度などは、非常にドンマイな気がします。
美人で有能だけど口が悪い氷室翼のキャラも、何だかどこかで見たようなキャラだし…。
大体今どきたわけなんて言うキャラ、アニメでもそうそう出てこないのでは!?
それに氷室さんと幸村さんの関係も何だかな~というか、今さらそのオチ…という感じ。
せっかく面白い舞台を用意したのに、イマイチそれを生かしきれてない気がしました。


正直、図書館で借りたからいいようなものの、これを定価1500円で買う価値があるかどうかと聞かれたら、自分なら買わないレベルでしょうね。
ブックオフで100円でもちょっと考えるかもしれない。
そもそも読み返す機会があるかどうか。

とはいえ、二時間くらいのちょうどいい暇つぶしにはなったし、今後飛行機に乗ることがあったら、機長アナウンスや、離陸の時の飛行機の動き、着陸の様子などにも注目したいと思います。

「本が売れない」というけれど



昨今、本に関して聞くニュースといえば、大抵出版不況ネット通販に押されて書店廃業など、先行き明るいとは言えないニュースばかりですが、そこら辺本当のところはどうなのよ?という業界内部の話を詳しく解説しているのがこの本です。

話はこれまでの書店の経営の歴史や、一般人には見えない取次の役割、そしてどうして不況と言われるようになったのか…などなど、相当分かりやすく書いてて、著者の考察なども非常に興味深いです。

まず出版不況と一口に言っても、ただ本が売れなくなったわけではなく、大きな原因と言えるのは雑誌不況
雑誌から得られる広告収入があるから、出版社は本が売れなくても経営が成り立ち、雑誌が売れることによって町の小さな書店の経営を支えてきたわけですが、最近はその雑誌が売れなくなってきた…というのが大きな原因のひとつ。
雑誌が売れなければ本で収益をまかなうしかなく、出版社はこれまで以上に新刊を出さなければいけなくなり、同時に本を書く作家にも大きな負担がかかることに…。
そして出版社や作家の労力が増えた割には、そんなに本が売れまくるわけではない。
なぜなら人々における読書率…つまり本を読む人の割合は、今も昔も大きく変わらず、変わったものと言えば、若者世代の減少と、団塊世代が引退したことで以前より新刊を買わなくなったことくらいか。

そして出版業界の天敵…かもしれないブックオフやアマゾンの台頭についても細かく解説しています。
面白いのはアマゾンがこれほど日本でヒットするとは、誰も予想してなかった点。

・本を買うきっかけはジャケ買いが多いから現物が見れないネットからは買わない
・日本は全国津々浦々に書店があるからネット書店は必要ない


今思うと、本当に浅はかな予想だと思わざるを得ません。
というより、この程度の予想しか出来ないから、ロクな対策も立てられず、時代の波に乗れず現在「出版不況」などと呼ばれるんじゃないですかね。

ところで著者はアマゾンの成功について「とにかくない本が(ほとんど)ない」「注文してすぐ届く」「顔が見えないから恥ずかしい本でも買い易い」という点を取り上げてますが、私はアマゾンの成功のきっかけはそこではないと思います。

私もかなり…というか、欲しいものがあるととりあえずアマゾンを検索するわけですが、アマゾンの機能の中で一番売り上げに貢献していると思うのはこの商品を買った人はこんな商品も買っていますこの商品を見た後に買っているのは?の項目ではないでしょうか。

あるドラマのDVDを検索する→ふとこの商品を買った人はこんな商品も買っていますを見るとそのドラマに関する関連本が…。へぇ~こんなの出してるんだ…とクリックすると、さらにこの商品を~で面白そうな関連本が…。
これを繰り返していると、5回に1回くらいは商品をほしいものリストに入れてしまうし、値段によってはそのまま購入してしまうことも。

アマゾンが何より優れているのは、ユーザーが潜在的に欲しいと思っている商品のところまで巧みに誘導する技術でしょう。

そういう意味では、一般の本屋さんも、最近は上手に関連本を棚に並べるようになりましたが、正直まだまだ探し難いと感じることが多いです。

ちなみに他の業界では昔からこの売り方を活用してますよね。
例えば洋服屋さんでよく見かける、商品でコーディネートされているマネキン。
あれを見て「このジャケットこんな風に着こなすのか」と参考にするだけでなく、時には「あのマネキンの付けてるネックレスちょっとかわいい」などと、洋服ではない商品に目がいくこともあります。

家具屋さんでも、店内の一角に商品を上手にインテリアしてある光景をよく見かけます。
ああしておけば部屋のイメージが分かりやすいし、テーブルを買った時に椅子を購入してくれる確率も増えるでしょう。

一方本屋はどうだったか。
大型書店はともかく、昔の一般的な町の本屋を思い出すと、とりあえず新刊や雑誌だけを表に出してあとは出版社順、作家順に並べる程度のことしかしてなかったように記憶しています。そして立ち読みをしてる人がいるとあからさまに迷惑そうな顔をして追い出したり。
アマゾンを始めとするネット通販、電子書籍が出る前ならそれでもお客さんは本を買ったのかもしれませんが、それは本を買う手段がそれしかなかったからです。
一度欲しい商品まで楽々誘導してもらうような経験をしてしまうと、もう昔には戻れないのが人間というものでしょう。

特に最近数を減らしている町の本屋さんは、そのことに気づくのが遅すぎたのではないでしょうか。

死体置き場で夕食を



私が中学生や高校生の頃にめちゃくちゃ流行ってた赤川次郎さん。
中学生の頃、赤川さんの著作を10冊以上持ってるクラスメートがいて、その子に次から次へと借りて読みふけったのを覚えています。
その頃借りた中の一冊だったような気がするのが、こちらの本。
最近新装版で発売されたらしく、それを図書館の新刊棚で見つけました。

タイトル死体置き場で夕食をは、もちろん「ティファニーで朝食を」のもじり。
赤川さんはこういうもじりがとても上手で、慣用句やことわざなども、赤川さんの手にかかれば気の利いたタイトルに早変わりですw

さて、タイトルは見覚えあったのですが、中身を読んだのは中学生の頃だから全然記憶なし。裏表紙のあらすじを見ても、設定すら覚えていない始末。当然犯人の心当たりもなし。
でも絶対読んだことあるなー!と思って、久々に借りて読んでみることにしました。

簡単にあらすじを書くと、新婚夫婦の紺野洋一と芳子は、旅行先の山中で吹雪&迷子になり、何とかたどりついたのが、とあるロッジ。
そこでオーナー以下数名の宿泊客と一晩過ごすことになるわけですが、朝目が覚めるとそのロッジには夫の洋一以外誰もいなくなってて、しかもオーナーの死体を地下で発見!
ただし雪の為外には出れず、数日そのロッジで過ごしたのち、スキーの出来る芳子がロッジに残ってた板を使って警察を呼びに行くことになりましたが、警察と共にヘリで戻ったら何とロッジは炎上&夫は行方不明で生きてるやら死んでるやら。
一人残された芳子は、その時一緒にいた警察関係者の某男性と一緒にロッジの秘密を探るわけですが…!?


…まず、この本の発売は1983年。
松本清張さんほどではないですが、結構昔だったんですね。
本を読み始めて10ページほどでそのことを痛感しました。
何しろロッジの宿泊客の一人、キザな中年プレイボーイ(原文)の首元には、オレンジのネッカチーフ(原文)!
若い娘の服装はスキーウェアのようなトックリ(原文)のセーター!

その他あちこちで時代を感じる記述が…w
…とまあそんなことはともかくとして、肝心の中身ですが、やっぱり読んだことがあるという勘は正しかったようで、読んでるうちにうっすら真相が頭の中に。
確か、こいつが黒幕だったんじゃあ…と思ったらその通りでした。
もっともそんなに複雑な話ではないので、読んでると何となく分かるんですけどね。
特に赤川さんの著作を読み慣れていれば。

結末はバッドエンドといえばバッドエンドですが、赤川さんらしくそんなに重くもならない感じで、軽く読み終わりました。
赤川さんの小説は、何も考えずにさら~っと読めるのがいいんですよね。
さほど生々しい、残酷な描写も出てこないし。
頭が疲れているような時はちょうどいいかなと思います。
そりゃあ、都合いい展開だし、つっこもうと思えばいくらでもつっこめそうなんですけど、時代も違うし、何となくこういう小説につっこみを入れるのは無粋な気がするので、それはやめておきます。

そういえば今回の新装版に加わったのが、赤川さんへのインタビュー。作家生活40周年記念特別インタビューが巻末に収録されています。
かなり意外だったのが、取材をしないで書いてるということ。
考えてみれば赤川さんの本の舞台って、特別コレという地名が出てきませんよね。海外だったとしても架空の国だったり大まかな地域だったり。
しかし本の中で結構いろんな職業の人を出してるのに、そういう取材もしてないのか、それは気になります。特に警察官は沢山登場するから、さすがに話くらい聞かないと厳しいんじゃないかなーとか思ったりしてw

最後、この本のアマゾンリンクを調べた時に知ったのですが、赤川さんの本って結構Kindleになってるのですね。
いやーだってほら、東野さんとか宮部さんとか、Kindle反対派の作家さんってそこそこいるので、ちょっと意外です。赤川さんの世代なら何となく嫌がってそうと勝手に想像してました。
しかもよく見るとKindleだと半額近くになっている本もあるので、今度ゆっくり見てみたいですね~。
赤川さんの本は数百冊出てるから、Kindle化はファンにとってはありがたいんじゃないかと思いますよ。

冷たい川が呼ぶ



最近は興味ある本が少なく、読んでもまあまあかなーで終わることばかりだったのですが、図書館の返却棚でたまたま見つけた本がこれ。
上下巻かぁ…ちょっと面倒だなと思いつつ、裏表紙のあらすじ読んだら微妙に面白そうだったので、一気に借りて読み始めたのですが…。

予想以上に面白かったし、あっという間に読み終わりました。

あらすじを簡単に言うとこんな感じ↓
エリック・ショーは、以前映画業界で、映像のスペシャリストとして働いていたが、ひょんなことから仕事を干され、現在は葬式で流す故人のエピソードをまとめたビデオ映像の編集などを細々とやっている日々。
ところがある時、葬式でエリックのビデオを見た故人の姉から、自分の義父の生涯をまとめたビデオ映像を作って欲しいという依頼を受けることに。
義父の名はキャンベル・ブラッドフォード、93才。かつてインディアナ南部に住んでいたのだが、その後成功して大富豪に。現在は病院で寝たきりで、意識も朦朧として死期も近いとのこと。
ちなみに手がかりとして渡されたのは、義父が故郷から唯一持ってきたという、プルート水という妙な水が入ってる瓶と、義父が意識不明になる前にエリックに向かってつぶやいたあの川は本当に冷たかったという言葉のみ。
エリックはプルート水を持って、キャンベルの故郷インディアナに向かうですが、そこでキャンベルの本当の姿と意外な真実を知ることに!

…やはりプルート水が重要なポイントになるようですね。
エリックは預かったプルート水を興味本位で飲んでしまいますが、それが一つのターニングポイントになって事件が進んでいきます。
(というか明らかに変な物質が含まれてそうな水、普通は飲まないだろうに…。ここら辺は重要なシーンなのに妙に不自然w)

そしてインディアナに付いてから、いろいろ調べた所、本当のキャンベルは23才年上のはずで、現在生きてたら116才だということが判明。
え?じゃああの意識不明のキャンベルは誰?と、この辺りから話はどんどん佳境に入っていきます。
そしてキャンベルの実の子孫ジョサイア・ブラッドフォードにキャンベルの魂が乗り移ったり、エリックがプルート水によって過去の出来事を体験するようになったりと、話はちょっとオカルトチックな方向に!?
過去と現在が入り混じり、それらのつじつまが合った時に、真実が明らかにされるのですが…。


まあミステリーというか、オカルトっぽい話なのは確かですね。
でもカタカナの登場人物が沢山出てくる割には、これ誰だっけ?という感じにはならないので、読み易いとは思います。
ところで最初に出てきた「あの川は本当に冷たかった」というあの川って結局どれを指しているのだろう?
ルーカスの叔父が密造酒を作るのに使用した水は湧き水だったし、本物のキャンベルが沈んだ場所は池(というか底なし沼?)って書いてあったし…。
タイトルになってるくらい重要なキーワードなのに、後半は全然出てこなくて、ちょっともやもやかも。

ちなみにこの作品、映画化が決まってるらしいですが、確かに映像化向きですねー。
エリックが幻を見るシーンは映像の方が分かり易そうだし、ラストの竜巻が町を襲うシーンも見ごたえありそう。
エリック役は、ゴーンガールでニック・ダンを演じてたあの人(名前忘れた)がいいなとか勝手に思ってます。
でも一番難しい役なのは、間違いなくジョサイア・ブラッドフォードでしょうね。
タダのDQN庭師から悪の総帥キャンベルへの変貌は、文章で読んでもなかなか圧巻でした。
人間が演じたらどんな風になるのかちょっと興味津々です。
映画がツタヤで借りられるようになったら、是非どんな感じか確認したいですねぇ。

そうそう、読み始めた時に気になったのは、エリックが作ってたエンディングビデオ
日本の葬式でそういうのを流すシーンは見たことないですが、アメリカでは普通なのでしょうか?
結婚式での成長を振り返るビデオなら、ありがちですが…。
でも故人の写真や映像を音楽と組み合わせて作るのって、演出としては悪くないかもと思いました。
が、日本でやったら、これを通夜で流すのか葬儀で流すのか?
通夜の方が知人友人が集まりがちだけど、葬儀の方が時間的にはゆとりがありそうだし…。
もっとも現在の日本の葬式は、大抵家族葬なので、出席者も家族か近親者のみ。
(昔は職場の人の家族のお通夜に行くこともありましたが、今はメールで「家族葬なので香典は辞退いたします」と回ってくる程度)
家族しか出席しないなら、別にこういうビデオいらないのかも?
というか、このご時勢、家族葬どころか、下手したら直葬(病院から火葬場に直行)パターンも増えつつあるらしいので、ビデオを作る時間も流す時間もなかったりして。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne