忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
シャーロック・ホームズ秘宝の研究
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
武田信玄(あかね文庫版)
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
ラプラスの魔女
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84

グスタフソンの宝石5/5

ついに男爵の部屋に忍び込んで、宝石のすり替え一歩手前まで行ったホームズとワトスン。
しかしここで思わぬハプニングが!




イゴールがこっちの部屋へ入ってくる!
ワトスンは咄嗟にホームズに合図し、自分はドアの横に隠れた。

瞬間、イゴールが入ってきたが、予想外の光景に言葉を失ったようだ。
開けられた棚と金庫、解錠セット…。
その隙をついて、ワトスンはイゴールに飛び掛り、ラグビーのタックルのように、床に押し倒した。
さらにホームズが一撃をくわえると、イゴールは意識を失った。

「今のは見事なタックルだったな。ワトスン。
昔のメンバーが見たら拍手喝采だったかもな」

ホームズにそう言われたワトスンだが、素直に喜べない。
依頼人は復讐その他のトラブルを恐れた為、秘密裏にすり替えることを希望していたのだ。
イゴールが目を覚ましたら、男爵に報告し、宝石のすり替えがバレてしまうのではないのか。

しかしホームズはワトスンの悩みを一蹴した。

もし男爵が戻る前にイゴールが目を覚まして、異常がないことを確認したら、わざわざ自分の不始末を報告することはないだろう。
万が一男爵に報告し、すり替えを疑ったとしても、肝心の宝石があるのだから、何食わぬ顔で例のアメリカ人コレクターに売るはずだ。
みすみす巨額の利益を見過ごすことはない…ということらしい。

そしてホームズは最後に付け加えた。

「今回のトラブルのおかげで、戻るときは普通にドアから廊下に出られる」

その後、ホームズは宝石をすり替え、金庫を棚に戻す前にワトスンに声をかけた。
「この箱に見覚えはないか?」

そう言われたワトスンが、改めて箱をじっくりと観察すると、箱のフタには真鍮のワシが羽を広げ、一枚の月桂樹の葉をつかんでいた。
「チャーリー・ペックがヴァオリのとこで見たという箱と同じ模様じゃないか!」

「その通り。この葉は勝利のシンボルに違いないが、その慢心が今回の結果を引き起こしたんだ」

その後、二人でイゴールの体を彼のベッドルームに運ぶと、慎重に廊下に出て、オスカーの待つ部屋に戻った。
オスカーに簡単に報告を済ませると、ホームズとワトスンは意気揚々と221Bに引き上げた。

翌日、リングスタード伯爵(国王)は宝石を取りに部屋にやってきて、ホームズから前日の冒険譚の報告を受けた。
伯爵は、宝石と引き替えに、スカンディナヴィア王家の封ろう付きの分厚い封筒を置いて部屋を出ていった。
中身は多額の謝礼と、王家の為にも必ず受け取るように…という手紙が入っていて、普段規定の料金以外は受け取らないホームズも、さすがに受け取らざるを得ないようだ。

ワトスンがそれを知るのはずっと後のことだが、その事件から数年後ホームズはライヘンバッハの滝からモリアーティと共に転落し、さらに三年後に生還してベーカー街に戻ってくる。
その際、ワトスンが再びホームズと同居する為に、医院を売却したのだが、相場より高い金額で買い取ってくれたヴァーナーという若い医師に、裏から資金援助をしていたのがホームズ本人だったのだ。

ワトスンは、この時の謝礼が買い取りに使われたのだと信じて疑わない。
そしてそうまでして自分を必要としてくれたことに、心から感謝しているのだ。


●案外格闘派なワトスン。グラナダ版だとイメージしにくいけれど、ロバート・ダウニー・Jr版とかロナルド・ハワード版のワトスンをイメージすると、いかにもやりそうな雰囲気w
●のちのち医院が買えるくらいの謝礼金を普通に手で持ってきたリングスタード伯爵(国王)。今の日本円で何億分か知らないけど、途中で襲われなくてよかったねぇ~。そもそも封筒一つに入るのかしら?というかプライアリースクールの時みたいに小切手にしてくれればいいのに…。
●結局男爵にバレちゃったかもしれない宝石のすり替え。相手が偽物に気が付いて取引中止になったらどうするんだろう~。それこそ最初心配してたように、王家に何らかの報復があるかも!?今度は違う宝石が盗まれたりして。スカンディナヴィア王家も、ヴァオリに特注の金庫作ってもらった方がいい気がする…。

さて、これで「ホームズの秘密ノート」全7作の抄訳が終了しました。
ものすごい時間がかかりましたが、いろんな意味でいい勉強になりました。
よく「洋書の読み方」とか「洋書を読む為の講座」などがありますが、結局一番の近道は自分が読みたい洋書を実際に読んでみることだと思います。
そう考えると、ホームズ物(パスティーシュ)は起承転結のパターンが決まっているし、Kindleで検索すると1000円以下の洋書が沢山出ているので、比較的取り組み易いジャンルではないでしょうか。
↑最近Kindleの機能に文章コピーが追加されたようなので、Weblio翻訳を利用するのも簡単になりました。

ちなみにこの他トムスンさんのパスティーシュは「ホームズのアーカイブ」と長編「ホームズと黒衣の夫人」がありますが、ここで紹介するかどうか…。
さすがにもうしんどいので、個人的に読むだけにするかもしれません。
もっとすらすら読めたらいいのですが、そうなるためにはあと10年くらいかかりそうですw
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne