忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68

死体置き場で夕食を



私が中学生や高校生の頃にめちゃくちゃ流行ってた赤川次郎さん。
中学生の頃、赤川さんの著作を10冊以上持ってるクラスメートがいて、その子に次から次へと借りて読みふけったのを覚えています。
その頃借りた中の一冊だったような気がするのが、こちらの本。
最近新装版で発売されたらしく、それを図書館の新刊棚で見つけました。

タイトル死体置き場で夕食をは、もちろん「ティファニーで朝食を」のもじり。
赤川さんはこういうもじりがとても上手で、慣用句やことわざなども、赤川さんの手にかかれば気の利いたタイトルに早変わりですw

さて、タイトルは見覚えあったのですが、中身を読んだのは中学生の頃だから全然記憶なし。裏表紙のあらすじを見ても、設定すら覚えていない始末。当然犯人の心当たりもなし。
でも絶対読んだことあるなー!と思って、久々に借りて読んでみることにしました。

簡単にあらすじを書くと、新婚夫婦の紺野洋一と芳子は、旅行先の山中で吹雪&迷子になり、何とかたどりついたのが、とあるロッジ。
そこでオーナー以下数名の宿泊客と一晩過ごすことになるわけですが、朝目が覚めるとそのロッジには夫の洋一以外誰もいなくなってて、しかもオーナーの死体を地下で発見!
ただし雪の為外には出れず、数日そのロッジで過ごしたのち、スキーの出来る芳子がロッジに残ってた板を使って警察を呼びに行くことになりましたが、警察と共にヘリで戻ったら何とロッジは炎上&夫は行方不明で生きてるやら死んでるやら。
一人残された芳子は、その時一緒にいた警察関係者の某男性と一緒にロッジの秘密を探るわけですが…!?


…まず、この本の発売は1983年。
松本清張さんほどではないですが、結構昔だったんですね。
本を読み始めて10ページほどでそのことを痛感しました。
何しろロッジの宿泊客の一人、キザな中年プレイボーイ(原文)の首元には、オレンジのネッカチーフ(原文)!
若い娘の服装はスキーウェアのようなトックリ(原文)のセーター!

その他あちこちで時代を感じる記述が…w
…とまあそんなことはともかくとして、肝心の中身ですが、やっぱり読んだことがあるという勘は正しかったようで、読んでるうちにうっすら真相が頭の中に。
確か、こいつが黒幕だったんじゃあ…と思ったらその通りでした。
もっともそんなに複雑な話ではないので、読んでると何となく分かるんですけどね。
特に赤川さんの著作を読み慣れていれば。

結末はバッドエンドといえばバッドエンドですが、赤川さんらしくそんなに重くもならない感じで、軽く読み終わりました。
赤川さんの小説は、何も考えずにさら~っと読めるのがいいんですよね。
さほど生々しい、残酷な描写も出てこないし。
頭が疲れているような時はちょうどいいかなと思います。
そりゃあ、都合いい展開だし、つっこもうと思えばいくらでもつっこめそうなんですけど、時代も違うし、何となくこういう小説につっこみを入れるのは無粋な気がするので、それはやめておきます。

そういえば今回の新装版に加わったのが、赤川さんへのインタビュー。作家生活40周年記念特別インタビューが巻末に収録されています。
かなり意外だったのが、取材をしないで書いてるということ。
考えてみれば赤川さんの本の舞台って、特別コレという地名が出てきませんよね。海外だったとしても架空の国だったり大まかな地域だったり。
しかし本の中で結構いろんな職業の人を出してるのに、そういう取材もしてないのか、それは気になります。特に警察官は沢山登場するから、さすがに話くらい聞かないと厳しいんじゃないかなーとか思ったりしてw

最後、この本のアマゾンリンクを調べた時に知ったのですが、赤川さんの本って結構Kindleになってるのですね。
いやーだってほら、東野さんとか宮部さんとか、Kindle反対派の作家さんってそこそこいるので、ちょっと意外です。赤川さんの世代なら何となく嫌がってそうと勝手に想像してました。
しかもよく見るとKindleだと半額近くになっている本もあるので、今度ゆっくり見てみたいですね~。
赤川さんの本は数百冊出てるから、Kindle化はファンにとってはありがたいんじゃないかと思いますよ。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne