忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59

「見たいテレビ」が今日もない



最近いろいろ忙しくて、濃い小説をゆっくり読む時間がなかなか取れないので、ひまつぶしになりそうな軽~い本をKindleでぽちっと購入しちゃいました。
まー、199円だったしね。たまにはこういうのもいいかなって…。

で、購入してから知ったんですが、著者は元フジテレビのアナウンサー
そういえば数年前に横領?疑惑をかけられてフリーになって、それが捏造だの何だのと話題になってたのを覚えてますよ。

著者がフジのアナウンサーということで、ネタになっているのは大抵フジテレビ
内幕というか、番組の裏話も出てくるけど、やはり裏を知ってるのは古巣のフジなんでしょうね~。
なのでフジテレビの番組を全然知らないと何のこっちゃ?になるかも。
たまたま我が家は、有名処をそこそこ見てるので、一応話にはついてこれますが。

というか、この本の一番の問題はタイトルでしょう~。
ネットが登場して以来、テレビはもはや娯楽の王様ではなくなってしまった。
それは何故なのか?番組が面白くないから?それともネットの方が面白いから?
…ということについて、テレビの裏側に関わる立場から、細かい考察をするかと思いきや、内容はほとんど既存のテレビ番組に対する批評やグチオンリー。
「見たいテレビ」が今日もないのは何故なのか?ということについては結局ほとんど触れられてません。
そういう意味では期待してた内容とは違ってたかも。
少なくとも、テレビをほとんど見ない人が見ても、面白くも何ともないです。


そういえば、著者が述べられてた、「ほこ×たて」に関する打ち切り問題。
詳細は書きませんが、私は打ち切りで正しかったと思いますよ。
あのラジコン対決はやらせではなく、演出であると言い張ればよかった…というようなことを著者は言ってますが、ガチンコ対決が番組の目玉だったのにそれがやらせだったとバレたら、視聴者は冷めまくりです。
製作者にテレビにガチンコなんてあり得ない!なんて開き直られたら、この先どんなすごい対決があったとしても、この結果もやらせなんじゃあ…という目で見てしまい、全く楽しめません。

ディズニーを例に出してますが、ディズニーはキャラクターの存在が実在するという演出するために、ものすごい工夫をしてます。
同じ時間に複数のミッキーが現れないようにしたり、着ぐるみの中の人の情報は絶対出さないようにしたり。
(そりゃあこの時代だから絶対はないけど、この時代にしてはかなり情報が押さえられているのでは?)

だからこそみんな、中に人が入ってることを知りながら、ディズニーの演出を楽しむために多額のお金を払っているのだと思います。


ま、199円だからさらっと読めてよかったですよ。
918円で書籍を購入してたら、かなりガッカリだったかもしれませんが…。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne