忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [57

真珠夫人



最近タブレットを購入しました。
目的は電子書籍。主にamazonのKindleですがw
やっぱりねぇ、欲しい本をどんどん買ってたら、置く場所もないし。
でも読みたい本は読みたいし、図書館にない場合もあるし、コミックなんか買ってたら、どんどん増えますからね。

Kindle自体は、パソコンでも使用してたので使い勝手は大丈夫♪
今までパソコンの負担を気にして重い本はダウンロードしてなかったけど、タブレットは電子書籍専用だから、その辺はバッチシです。

でまあ、何冊かダウンロードして気づいたのですが、著作権が切れて無料になってる本って結構あるのですね。
amazonのランキングなどをひまなときにちょいちょい見てて、ふときになったのが、この真珠夫人だったりして。

真珠夫人、、、昔昼ドラでやってたのを覚えてますよ。職場の休憩室にテレビがあって、一日勤務の時はそこで先輩たちと見てましたw
今覚えているのは、タワシコロッケくらいなんですけどねww

元ネタは菊池寛の小説…ということは知ってましたが、ちゃんと読んだことはありませんでした。
で、タダということでダウンロードして、早速読み始めたのですが…。

思ったより面白かったです!!
多少古い言い回しに戸惑いますが、だんだん気にならなくなってくるし、むしろ使われている日本語が美しくてびっくり。
昔の人は何てきれいな言葉を使ってたのだろうかと、思わされました。


話は、湯河原温泉に行こうとしてた渥美信一郎が、青木淳という若者と同じ車に乗り合わせたところから始まります。
車は途中で事故にあい、青木淳は不幸にも命を落としてしまいます。
その死を偶然1人で看取った信一郎は、ある時計を某夫人に返して欲しいという遺言と、彼の思いが書かれたノートを受けとりました。
遺言通り、信一郎は時計を返す夫人を探しますが、その過程で出会ったのが、かの真珠夫人…資産家の未亡人荘田瑠璃子でした。

この後、瑠璃子が何故荘田家に嫁ぐことになったのか、そして信一郎と瑠璃子の関係、瑠璃子と青木淳の弟の関係…という感じで展開していきます。

とにかく瑠璃子と出会う男性は、彼女の持つ魔性の美しさに翻弄されていくわけですが、毒婦のようだと指摘した信一郎への瑠璃子の切り替えしが見事です。

男性は女性を弄んでよいもの、女性は男性を弄んでは悪いもの、そんな間違った男性本位の道徳に、妾(あたくし)は一身を賭としても、反抗したいと思っていますの。
~中略~
人が虎を殺すと狩猟と云いい、紳士的な高尚な娯楽としながら、虎がたまたま人を殺すと、兇暴とか残酷とかあらゆる悪名を負わせるのは、人間の得手勝手です。


この時代、女性の運命は男性次第でした。
既婚者であっても、男性は何人も愛人を持つことが許されるのに、女性が浮気をすれば、無一文で追い出されても、文句は言えない。
男性の女遊びは許されるのに、何故女性が同じことをすれば、人でなしのように言われなければいけないのか。

…面白いのは、こういう話を男性目線で描いていることでしょうね。
当時これを発表した際、男性からの反発はなかったのか気になります。

それにしても、昼ドラの元ネタとは思えないくらい濃い話でした。
一通り読み終わりましたが、また読み直そうかなと思ってます。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne