忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[78]  [77]  [76]  [75]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67

櫻子さんの足下には死体が埋まっている



2015年冬のアニメで放送してた「櫻子さん~」。
原作があることは知ってましたが、あえて買うほどかどうか微妙だったので、図書館を探してみたら、偶然返却棚で発見したので、速攻貸し出しコーナーへ。

まあアニメでも見てたので、読み易いことは読み易いですね。この本自体ラノベ、いわゆるライトノベルの類だし。
設定としては、とにかく骨と死体が大好きな標本士、九条櫻子さんと、その友人(??)の高校生、館脇正太郎の二人が、ひたすら骨がらみ死体がらみの事件に巻き込まれるというシリーズです。
基本一話完結ものなので、数冊出てますが、どこから読んでもそんなに困ることはありません。

さて、面白いのは標本士櫻子さんのキャラクターでしょうか。
見た目超お嬢様で、実際もお嬢様、なのに、骨や死体が大好きで、無残な動物の死体も彼女の手にかかれば博物館でよく見る骨格標本に早代わり。
また、叔父が大学の法医学教室にいた時にいろいろ教わっていたようで、人間の死体に関しても鑑識か検視官並の知識を持っている。ここら辺は「臨場」の倉石さんみたいですね。
それに死体じゃなくても状況や人をよく観察していて、しぐさから人となりを推測するのも得意。
ここら辺はシャーロック・ホームズっぽいなぁ~と思ってたら、作者のwikiに「子供の頃の愛読書はコナンドイルやアガサクリスティ」と書いてありましたw
というか、櫻子さんのキャラ、どう見てもホームズなのでは!?
※ちなみにアニメでの決め台詞さあ謎を解こうじゃないか!はアニメオリジナルのようですね。

一方の正太郎は普通の高校生。子供の頃に父親を亡くしているけれど、母親はアパート経営でそこそこ成功し、経済的には特に不自由もせず。
いつも櫻子さんと一緒に事件に巻き込まれては、気難しい櫻子さんと他の人の調停役なんかを務めたりして。
何というか、過不足ない普通っぽいキャラは、ワトソン役としては適任ですなw


さて、肝心のストーリーの方ですが、どの話も明るく始まる割には、佳境に入るとドロドロと濃くなり、後味はよかったり悪かったり…いやむしろ悪い方が多いような。
それにアニメでは青少年向けの話しかやってなかったのですが、原作はかなり大人向けというか、シビアな話が多くてびっくりです。

一番最初に刊行されたこの本でも、例えば第3話(第参骨)の薔薇の木の下もその一つで、アニメでは未放送(←永遠にアニメ化されないでしょうねw)。
櫻子さんと正太郎は、ひょんなことから櫻子さんの知人千代田薔子(しょうこ)の自宅に行くことに。薔子は40代半ばですが、最近夫を不慮の事故で亡くしてて今は一人とのこと。
ところが、二人が訪問した夜は、地元の名士が集まって降霊会とやらをやることになってて、何故か二人も参加させられることに。
そしてこの降霊会をきっかけに、薔子の夫のとんでもない秘密が明らかになるのですが…。

このとんでもない秘密は、集まった名士にも関わりのある、本当にとんでもない秘密で、うん、これはアニメでは絶対放送されないだろうと納得。
正直アニメ版の補完程度の意識で読み始めましたが、実のところ、アニメ以上の魅力があって、これはこれでいいかもと思ってます。


そういえば昨今(特にライトノベルに於いては)やたらと「人が死なないミステリ」などという、ゆる~いミステリが流行りがちですが、このシリーズはタイトルに死体がついているだけあって、大抵の話は殺人事件だったり、自殺だったりと、とかく死がつきものです。
ゆるいミステリも嫌いじゃないですが、ブラックコーヒーのようにほんの少し大人の苦味を感じるのがこのシリーズの特徴かもしれません。
一話辺りそんなに長くないし、一冊単位で考えても二時間程度で読み終わりそうな感じなので、大長編を読むほどの気分ではない、休日のぽっかり空いた時間には、いい頭の刺激になりそうです。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne