忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [73]  [72]  [71]  [70

消えた帆船2/4

前回の続きです。
保険金詐欺の為に船を沈没したことにして、同時に大きな秘密を抱えることになった乗務員たち。
しかしここでとんでもないトラブルが!!




船の名や船体の雰囲気を変える作業を全員で無事に終えた後、何事もなかったかのようにロッテルダムへ向かうルーシー・ベル号。

しかしある若い乗務員のビリー・ホィーラーだけは様子が違っていた。
彼は沈没直前に立ち寄った港で好きな子が出来てしまったのだ。
もちろんこの詐欺に加わる以上、彼も名を変え別人として生きるわけだから、もう二度と彼女には会えない。
ビリーは今更ながら事の重大さを知り、おじけづいた。
そして誰彼かまわずそのことで絡み、しまいには「金などいらないから元の生活に戻りたい」と言い出す始末。
そんな彼の姿に我慢出来なくなった他の船員たちと殴り合いになり、結果ビリーは頭も顔も血だらけで意識不明の状態に…。

みんなが呆然とする中、船長はビリーの様子を確認してこう告げた。
「ビリーは死んだ。だか仕方ないことだったのだ」

そしてみんなで彼を帆布に包み、ロープで縛り、海中に埋葬することに。
埋葬の直前、コルベットはせめてもの供養にと、自分のお守りをビリーの胸元におこうとしたが、その瞬間、彼は驚くべきことを発見する。

「ビリーはまだ生きていたんです!」

ビリーの胸は上下していた。まだ息があるのだ!
しかし船長の方を見ると、船長は「黙って言うことを聞け!さもないとお前も殺すぞ!」という合図をするかのように、手刀で自分の首を切るそぶりをした。
船長もまだビリーの息があることを知って、トラブルを収める為にビリーをあえて葬ることにしたのだ。

コルベットは、このことをずっと気にかけていた。
ビリーはまだ15才の陽気な若者で、コルベットの死んだ息子にどことなく似ていて親近感を持っていた。
そしてコルベット自身重い心臓病を患っていて、もうそんなに長くは生きられない。
それならば例え自分が詐欺でつかまったとしても、真実を白日の下に…という決意でホームズの下にやってきたのだ。

さて、この話を聞いたホームズの見解は…?


●船長のチェーファーは、この保険金詐欺の実行に関わる船員を慎重に選んだ…って書いてあったけど、ビリーみたいな若くて軽そうな子を選んじゃダメでしょw
●しかし計画の破綻は、大体こういう些細なトラブルが原因になりがちですよね。
●ちなみにコルベットがここに来たいきさつは、ルーシー・ベル号でけが人が出てイレギュラーにロンドン港に停泊。けが人に付き添ったコルベットが病院で待ってる間、御者との雑談の中で紹介されたのがホームズというわけで…。
●ホームズの依頼人って、結構そんな感じの紹介されてきた系の人多いですよね。でもまあ221Bって看板とか出してるわけじゃないし、わざわざ二階に上がらなきゃいけないし、誰かの紹介じゃないとなかなか入りにくそうな感じはします。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne