忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69

消えた帆船1/4

いやぁ、前回の「アーンズワース事件」以降、なかなか進まなくて、今回久しぶりにThe Secret Notebooks of Sherlock Holmesの6つ目の話の抄訳が終わりました。
この話は結構長かったですね。これまで話は3つに分けましたが、今回は4つに分けることにしました。
しかも世界規模の話であちこち知らない地名は出てくるし…。
英語の他、地理も苦手な私にとっては、いろんな意味で大変でした(爆)。

というわけで前置きはこれくらいにして、6つ目の話消えた帆船に入ります。
(原題はThe Case of the Vanishing Barque)





私の記録を見てみると、1889年はホームズにとって特に多忙な年で、発表したもの、してないものを含め様々な事件を解決に導いてきた。
中でも記憶に刻まれているのが、帆船ソフィー・アンダーソンの消失に関する事件であろうか。

この事件は、同年の4月のある朝からスタートする。
私は結婚して一般の開業医の生活をしていたが、ベーカー街で訪問診療をした帰り、ふと思い立ってホームズを訪ねる気になった。

すると、221Bのすぐ側の歩道に、50代位の男が新聞を持ってうろうろとしているのが目に入った。
この男は身なりやしぐさからして水夫に違いないと検討をつけ、一刻も早くホームズに報告してみたいと早足で部屋に入った。
そしてホームズを窓まで連れていき、「あの男は水夫で間違いないだろう?」と確認すると、ホームズはそれを認めた上で、さらに「船長とかではない一般の船員で、南の方によく航海してたことと、左利きであること」を追加で指摘し、最後にこう告げた。
「それから、彼はおそらく依頼人だ」

ホームズの予想通り、その男は重々しい足どりで部屋に入ってきた。
男の名はトーマス・コルベット。ルーシー・ベル号という帆船の乗組員で、ニューキャッスル(オーストラリア)と極東をよく行き来しているとか。
(現在はロンドン港に一時停泊中)

しかしコルベットの乗船しているルーシー・ベル号には秘密があった。
三年前まではソフィー・アンダーソンという名前だったのだが、秘密裏に沈没したことにして、多額の保険金を受け取り、その時新たにルーシー・ベル号という名前に生まれ変わったというのだ。

「つまり、保険金詐欺か!」とホームズ。

ソフィー・アンダーソン号はジェミー・マクニールとダンカン・マクニールという兄弟が経営する会社の帆船で、船長のチェーファーは兄弟とは親戚関係。
しかし会社の資金繰りが上手くいかず、兄弟はソフィー・アンダーソン号を利用して保険詐欺を実行することに!
計画内容は、まずバルパライソ(チリ)で荷物のみを乗せ、グラスゴー(スコットランド)に運ぶ途中で沈没したように見せかける。
そして同じ船を新しくルーシー・ベル号という名に変え、同時に乗務員も全て船と一緒に沈んだことにして、新しい名で新しい生活を始める…ということだ。
もちろん関わった乗務員には相応のお金が支払われた。

コルベットは、妻も子供も亡くした独り身で、もう定年間近。まとまったお金ほしさにこの計画に加担したという。

船の入れ替えはスムーズに進み、万事順調かと思われたが、ここで予想外のトラブルが発生することに…!?


●1889年に起きた事件として、五つのオレンジの種ライゲートの大地主の記載がありましたが、原作ではこの二つは1887年に起きたことになっています(五つのオレンジの種の冒頭でソフィー・アンダーソンの事件も同年に起きた事件の一つと書いてあります)。でもそうするとワトスンがメアリ・モースタンと知り合った四つの著名が1888年に起きているので、時期的に矛盾します。トムスンさんの前の著作ホームズとワトスンに於いてその矛盾が指摘され、五つのオレンジの種はワトスン結婚後の1889年に起きたのではないかと指摘しているので、この話の1889年という数字は間違いではなく、トムスンさんご自身の主張に基づいてあえてそうしているのだと解釈し、直さずそのまま訳しました。
●ただし、ライゲートの大地主はトムスンさんの解釈でも1887年に起きたことになってるので、この事件はトムスンさんの記述間違いだと思います。ちなみにライゲートの話はホームズ療養中の話で、この話の直前に起きた事件で無理をしすぎて、旅先で倒れたホームズからの電報をワトスンが受け取ったのは1887年4月14日。その3日後にベーカー街に二人で戻って、それから一週間ほどライゲートに療養に行ってます(その辺はライゲートの大地主の冒頭参照)。今回のソフィー・アンダーソンの件が、もしライゲートと同じ年に起きていたら、4月のホームズはたった数日しか221Bにいなくて、しかも彼のコンディションは最悪。コルベットが運良くホームズに面会出来たとしても、事件解決どころではなかったでしょうね。というか1887年だとまだワトスンも結婚してなくて221Bにて同居中だったので、最初の記述からして違うだろうし。
●名前見た時には気づかなかったのですが、あちらの船の名前ってソフィーとかルーシーとか女性名が付くのですね。しかもコルベットが船について語る時はいつも「She(彼女)」。最初Sheが船のことって気づきませんでした。日本の伝統的な船の名前が○○丸と、どちらかというと男性名が付くのとは対照的ですね。
●本編には全然支障がないのですが、例のルーシー・ベル号、コルベットは「4本マストの帆船(a four-masted barque)」と紹介していますが、原作五つのオレンジの種のこの事件の記述は「三本マストのソフィー・アンダーソン号(the British bark Sophy Anderson)」と書いてあるんですよねー(bark=三本マストの帆船)。三本でも四本でもいいけど、何故原作に合わせなかったのか疑問…。
●というか、ライゲートの記述違いと一緒で、マストの数も読み間違えただけとか?w
●朝食を食べて部屋でくつろいでたら、突然部屋に入ってきたワトスンに窓際に連れていかれて、通行人の職業当ての模範解答をさせられるホームズwしかし全く動じずにワトスンの期待に答えてるのがすごい!
●でもよく考えたら、221Bの近くでウロウロしてる人って、大抵は依頼人ではないのか?ワトスンも職業当てとかしてないで、声かけてあげればいいのにw
●確かに船を沈んだことにすれば当時はそれ以上調べようがないから、保険金詐欺ってさほど難しくないかも?実際案外簡単に成立しちゃうし。ただし、船ほど簡単にいかないのが人間なんですよね~(その話は次回以降)。
●それにしても、乗組員も新しい名で新しい生活って…過去の友人知人とも全員決別しなければいけないわけだから、コルベットみたいに暗そうで余り社交的ではなさそうな人じゃないとなかなか割り切れないだろうな~。今だと誰かがうっかりFacebookとかで顔出ししちゃってすぐバレそうw
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne