忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45

地球進化 46億年の物語



たまにのぞくと興味あるテーマがあるブルーバックスですが、今回読んでみたのはこちらの本。
地球の成り立ちというと、大昔NHKがやっていた「地球大紀行」を思い出します。
ただあの番組の放送は、確か1987年(wikiにありました)。
毎月一度の放送が当時楽しみだったのを、今でも覚えてます。

とはいえ、あの番組からもう27年。当時は最先端だったであろう内容も、さすがに違う学説などが出てきてて、地球の歴史も少し変わっているかもしれないなぁ…と思って、この本を手に取ったわけですが…。

いやー、予想外に面白かったです。
この本の主なテーマは、正に地球進化の歴史。
宇宙の成り立ちから、太陽系の成り立ち、そして地球がどうやって出来て、どんな歴史を辿り、現在の風景を作り出すに至ったのか、細かく、最近の研究を元に記述しています。

最初に興味深かったのは月の成り立ち
月は、いつも側にありながらも、長いことナゾの存在でした。
元は宇宙から飛んできて、地球の重力につかまったのか、はたまた、地球が出来た時に一緒に出来たものなのか…etc
この本によると、地球が出来かけた頃に、テイアと呼ばれる地球の1/3ほどの大きさの小惑星が地球に衝突し、その衝撃で飛び散った地球のかけらが、集まり、月になった…らしいです。
そして月は、地球の周りを回りながら、1年に3.8cmほど遠ざかっています。遠い未来には、宇宙の果てになくなってしまうものなのでしょうねぇ。
そして、遠ざかっているということは、逆算すると、昔は今よりずっと近い所にあったというわけで…。
計算すると、45億年前の月は、地球から24000kmしか離れてなくて、地球から見た月の大きさは、満月で考えると、今の250倍
ひょっとしたら、太陽に匹敵するくらい明るかったのかも!?
そして当時の地球の自転速度は今よりずっと早く、一日は5時間ほど。月の速度もめまぐるしくて、何だかもう、いろいろと想像出来ませんw

それから、海と陸地の成り立ちも面白いですね。
まず海が先に出来て(もちろん今とはまるっきり成分が異なります)、その後大陸が登場。
海は、地球が出来て1億年ほどで登場しますが、陸地の登場はそれからさらに1億年ほど後の話。

面白いのは、生命の進化と鉱物の関係
それぞれ違う歴史を辿っているかと思いきや、両者には密接な関わりがあり、誕生当時の地球にはたった12種類の鉱物しかなかったそうです。
それから、大陸の移動、衝突、あるいは、光合成を行う生命が生み出した酸素によって、鉱物は多種多様に発展してきました。。
生命がなかったら、今の1/3程度の鉱物しか存在しなかったなんて、びっくりです。
地球上にあるもので、双方無関係のものなんて、ひとつもないのかもしれません。

そして最後に判明するのが、人類の歴史の短いこと短いこと…。
西遊記に「お釈迦様の手の上の悟空」というエピソードが出てきますが、我々人類は、地球の手の上に乗せられているに過ぎないのですね。。。


最後にこの本のエピローグから印象的な文章を抜粋します。

人間の過去100年の活動が、大気の成分の変化やそれに続く気候の変化を引き起こしたことは、物理法則と同じくらい疑いようのない事実だ。
~中略~
私たちの行動のせいで地球は暑くなり、氷は解け、海面は上昇するだろう。しかしそれは地球にとってなんら新しいことではない。
~中略~
私たちが行動を起こすのは、“地球を救う”ためでは決してない。45億年以上、激しい変化の中を生き続けてきた地球を、私たちが救う必要などない。
~中略~
私たちのような大型哺乳類も大量絶滅するかもしれないが、そうなれば他の脊椎動物が取って代わる。
~中略~
もし地球の行く末を心配するのであらば、それは何より人間という種のためであるべきだ。誰よりも危機に瀕しているのは私たちなのだから。


よく「地球に優しい」とか「自然を守ろう」などというキャッチフレーズを見かけますが、地球的には優しくしてもらわなくてもかまわない。
我々の身の回りにある自然(植物)だって、地球の歴史で考えると、出現したのはたったの4億年前。40億年以上存在してなかったのだから、別になくても困らない。
そして、地球上では、これまでも様々な種が絶滅と進化を繰り返していて、人間だって例外ではないはず。
だから人間は、今の環境を出来るだけ長く引き伸ばして、いつかやってくる滅びの時を少しでも先延ばしにする為に、ひたすら悪あがきをするしかないのでしょうね。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne