忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44

伊良部一郎シリーズ

  

奥田さんって、本当に幅広い作家さんだなーって思いますよ。
「最悪」「オリンピックの身代金」みたいな社会派を書いたかと思いきや、コメディみたいな小説も書くのだから…。
(しかも基本的に当たり外れの少ない作家さんだと思ってます)

今回紹介する3冊は、どちらかというとコメディかな?
伊良部総合病院の地下の奥まった場所にある謎の精神科医、伊良部一郎&その助手マユミ
言動も行動も、はっきり言ってヤブ医者としか思えないDr伊良部ですが、表立って病院に通えない、通いたくない、あるいは、通えなくもないんだけど、たまたま看板を見つけちゃった奇妙な症状を持つ患者さんたちが、続々と彼の元にやってきて、効果不明の注射を打たれて帰っていきます。

もちろん、ただ注射されるだけでなく、一言二言の診察は受けるのですが、その診察がまた絶妙。
ほとんどでまかせだろうと思われるDr伊良部のセリフが、何故か患者の症状にクリティカルヒットしちゃったりするんですよね。
そして最初は全然信用してなかった患者たちが、だんだんDr伊良部に心を開き、最後は自分自身の症状と真っ向から向き合うのです。

真っ向から向き合う…なんて書くと、ものすごく真剣な物語のようですが、そこは奥田さんのコメディ。
患者さんが真剣になればなるほど、読む側は何故か笑いがこみあげてくるという、不思議な感覚を味わえます。
ただし、笑う前に我が身を振り返ると、これって人のこと言えないよなーと思うこともあったりして。
ときどきそんな瞬間にドキっとするのがポイントです。


では一冊ずつ、軽く紹介していきましょう。
まずはDr伊良部のデビューイン・ザ・プール
この本は、デビューしたばかりということで、イマイチDr伊良部のヘンテコ具合が薄いかなぁ。
個人的なお気に入りは、第4話、携帯電話のメールにハマって抜け出せない高校生、津田雄太が主人公のフレンズ
今の高校生ならLineなんでしょうけど、メールってとこが時代を感じますねw
私なんかまだガラケー&メールだけどww
この話、最後の雄太の本音がいいです。
友達はいた方がいいけど、自分を偽ってまで作るもんじゃないよねー。
読んでて何だか納得しちゃいました。

次は、直木賞を受賞した空中ブランコ
この中のオススメは、ハリネズミかな。
バリバリのヤクザなのに何故か先の細いものが苦手な、猪野誠司が主役ですが、全編笑いどころ満載…というか、最初から最後までニヤニヤしながら読めますww
特に最後、敵対する組の人物と対決するシーンが傑作!しかも思わぬ展開になっちゃうし。
テレビでヤクザ絡みのニュースを見るたびに、「この人も実は…」と思っちゃいそうですw

最後、ついにDr伊良部&マユミが東京から離島に赴任しちゃう町長選挙
この本は、最初の3話が、とある有名人をそれぞれモデルにしてて、最後の町長選挙は離島での話という構成になってます。
とにかく最初の3話のモデルになった有名人が、読めば誰だか絶対わかるようになっていて、おいおいこれは本人たちから苦情が来なかったのか?それよりもよく出版社も出したよね。ヤバすぎじゃね?と思わざるを得ないような…。

1話目オーナーは、ちょうどセ・リーグとパ・リーグを一体化するとかしないとか、やいのやいのやってた頃の話がモデルになってて、主役のオーナーのあだ名はナベマンw
2話目アンポンマンは、ライブファストとかいうIT企業を運営する、若手社長が主役w
3話目カリスマは、とにかく見た目に執着する40代の元宝塚女優白木さんが主役w

…何というか、さりげなくモデルにするとかそんなレベルじゃないとこが、爆笑です。
しかもラストの離島の話では、Dr伊良部は町長選挙に振り回されっぱなしで、これまでやりたい放題だった彼もタジタジ。
そういう意味では、3冊の中で一番Dr伊良部が活躍してない本かもしれませんね。
でもまあ、面白いことには変わりないです。

私も精神的にやられることがあったら、Dr伊良部に診て欲しいかもなぁ。
きっと何もかもどうでもよくなりそうですw
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne