忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 

小公子セディ

この本は、私が小学生の頃、初めて買ってもらった「大人用」の文庫本です。
まあきっかけは、世界名作劇場でアニメ化されたのがきっかけなんですけどね。

内容は、アメリカの下町で育った、普通の7才の少年セドリックが、ある日突然イギリスの伯爵の跡継ぎに抜擢されるとこから始まります。
そもそも彼の父親は、伯爵家の三男だったのですが、上二人の兄が相次いで死に、セドリックの父親もアメリカで母子を残して死んだばかり。
残った男の子はセドリックしかいないから仕方ないよね~という感じで抜擢されるのです。

この本の面白いとこは、イギリスvsアメリカという構図
現ドリンコート伯爵は、大のアメリカ嫌いで、セドリックの父親がアメリカで結婚したときは、血管ブチ切れそうなくらいの怒りっぷり(そして絶縁w)。
一方セドリックの住む下町の友人店主ホッブスさんは、大のイギリス嫌い。
この両者の相手国に対する表現が、他人事ながら何ともおかしいww

でまあ、セドリックと母親は、イギリスのドリンコート城へ移住するのですが、とにかく伯爵がアメリカ嫌いなため、アメリカ人である母親なんか顔も見たくない状態。
セドリックだけが城に住み、母親は近くのコートロッジに滞在することになります。

セドリックは、ハンサムな父と美人な母を受け継いだ、かなりの美形少年。
しかも心優しい両親に大事に育てられたため、下町育ちとはいえ、とても育ちがよく、純粋でとにかく人を疑うことを知らない子供。
一方伯爵は、人間嫌いの子供嫌いで、領民どころか城の奉公人からも嫌われまくっている、セドリックとはある意味間逆の人物。

この二人が図らずも一緒に暮らすことになるのですが、純粋無垢なセドリックと接するうちに、伯爵の中にある変化が現れるのです。

人間の性善説を信じたくなるような、心温まる本ですね。
「現実にこんな子供いるわけないよなぁ」とか思いつつ、何度も読み返しました。

で、買ってから25年以上経った今も、ボロボロになって、まだ手元にあるのです。


☆個人的にツボなシーン☆

ドリンコート伯爵の従僕でトマスという人が出てくるのですが、そのトマスが奉公人仲間(多分)ジェーンに仕事のグチを言い、それを聞いたジェーンが領内に住む家族に全部暴露w

その内容がこちら↓

「それに、トマスさんがうちのジェーンに話したことだけど、殿様(伯爵)の言葉遣いのひどさったら、どんな奉公人だって、がまんできないほどですとさ――つい二日前にも、殿様はトーストを乗せたお皿をトマスさんに投げつけなさったんですって。食事やお給金が結構だし、奉公人同士のお付き合いがとっても上品だからいいようなものの、そうでなけりゃ一時間とたたないお暇をいただきたいって、申し出るところだったそうだよ!」

上司(経営者)が最悪でも、福利厚生と給料と人間関係に免じて、現状にガマンするトマスw
国も時代も違うのに、一社会人として同情&共感しちゃいます。

でも、お給金が結構ならいいじゃないですか。私なんか…(以下略)。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne