忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15

悪意



東野圭吾さんの著作の中でも、有名なシリーズキャラクター、加賀恭一郎の登場する本です。
えーと、確か加賀さん初登場の「卒業-雪月花殺人ゲーム」では大学4年生、作中進路を聞かれて教師になる予定だと答えてますが、次に登場する「眠りの森」では既に刑事。
結局いつ教師をやっていつ辞めたんだ?というささやかな疑問が、「悪意」の中で少しだけ語られます。

「悪意」では、加賀さんは刑事として登場しますが、事件の関係者が何と、教師時代の職場仲間。
そこで昔の話と、教師を辞めたきっかけなどが登場するのです。

この話、ミステリの分類で言うと「ホワイダニット(Why done it?)」と呼ばれる部類に入ります。
つまり重要なのは、犯行の動機。

序盤で事件が起き、犯人は速攻逮捕されます。が、ここからが本題。
何故親友だったはずの男を殺したのか?
犯行の本当の目的は何なのか?

中盤まで「ふむふむ…」と普通に読み進めますが、後半からガラリと事件の様相が変わります。
二人の本当の関係が見えた時、タイトルの「悪意」という言葉が、ドーンと響いてきます。
これこそ、本当の悪意!正に心の闇。

その名誉は、殺人を犯してでも、手に入れたかったものなのか?と、問いかけたくなりますが、最後の加賀さんの考察を聞くと、おそらくそれでさえ、本当の目的ではなさそうな気がします…。


多分東野さんの本のどこかで読んだと思うのですが、このフレーズが頭をよぎりました。

「人間、誰からも憎まれない人なんていない。
例え誰にでも好かれるような、完璧な人格の人がいたとしても、そのこと自体が嫉妬され、憎まれるきっかけになることもある」



個人的には、これは加賀さんのシリーズの中ではダントツだと勝手に思ってますw
が、特にシリーズを意識しなくとも、単品でも充分楽しめる作品です。長編とはいえ、そんなに長くないので、割とすぐ読めるし。

義母が持っていて、いつでも借りられるので買ってないけど、そうじゃなかったら絶対購入してた本ですね~。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne