忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18

ミッキーマウスの憂鬱



ディズニーランドといえば、日本でもっとも有名なテーマパークで、全国名前を知らない人はいない、通称「夢の国」
ただし、夢の国というのは、あくまでゲストの目線で見たことであり、もてなすキャストにとっては、普通に仕事なんだろうなぁ…というのは、何となく想像出来ることではありますね。
この本は、そんなディズニーのキャスト側に入った若者…21才フリーター後藤くんを通して、ディズニーの裏側、キャストの現実を描いているのですが…。

何というか、現実味のない話ですねぇ。全般的に。
まず主人公の後藤くんが、超痛い!中二病もあそこまでくると、痛すぎ…w
そりゃまあ自分だってその年頃は世間知らずだったけど、バイト初日に社員のやることに口出しとか、さすがにないから!

それに、初日で事件発生、二日目で解決、三日目でフィナーレという、早すぎる展開にもついていけません。
もう名探偵コナンばりの進行具合。
せっかくの面白い舞台設定に、中二病の主人公…もうちょっと、せめて一年くらい作中時間かけてくれれば、少しは厚みのある話になったんじゃないかしら?


ただ、ディズニーの裏側という意味では、興味深かったです。
私はほんの数回しか行ったことがないのですが(しかも最後に行ったのは20年くらい前w)、ディズニーではゲストの夢を壊さない為に、各キャラクターはそれぞれ1体ずつしかパーク内には存在しない…くらいは知ってます。
でも、実は、ショー用やパレード用などで、内部では複数存在するキャラもいるんですね。
この話では、二人のミッキー役の人が登場するのですが、身分的にはショー>パレードらしく、踊りをするショー用のミッキーの方が格上らしいです。
ミッキーの世界にも序列があるなんて、何だか不思議です。何かもう夢もへったくれもないなww

とはいえ、この辺りのネタは、アマゾンのレビューによると、本当かどうか微妙らしいです。
大体1995年で終了したエレクトリカルパレードの話が出てくるんだから、一体いつの話なんだ?という疑問が…。
(ただし2001年からリメイク版が出てるらしいので、そっちの話なのか?)


ま、本は薄いし、話も薄いし、値段も最近の文庫本にしては安い515円だから、暇つぶしくらいにはなるかもしれません。
私は一度読んだので、もう読まないだろうけど…w
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne