忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21

ぼんくら

 

前にレビューを書いた初ものがたりの、一応続編?にあたる小説です。
続編とはいっても、同一人物は名前だけ登場する茂七親分くらいで、あとはまるっきり別の話なので、続編と言うべきか微妙なのですがw

舞台はやはり江戸の深川。そこの鉄瓶長屋で、殺人事件が起きたのをきっかけに、差配人(長屋の大家さん)が交代し、長屋の住人が一人、また一人…とそれぞれ別の事情で引っ越ししていきます。
最初は特に不審な点もなく話は進みますが、実は背後に大きな黒幕がいて、一見平凡に見える、この長屋の成り立ちや存在に深い事情があったことが分かるのですが…。

いやさすが宮部さんの江戸時代ものです。最後までぐいぐい読ませますね~。
探偵役は本所深川方の同心、井筒平四郎かと思いきやそうではなく、甥っ子の弓之助12才。
平四郎のおかみさんの、姉の息子で、これがまたものすごい美少年だそうでw
で、姉の嫁ぎ先は商家なのですが、姉の旦那が遊び人な為、このまま家に置いておいたら道を踏み外しそうだから、真面目な仕事につかせた方がいいのでは?と井筒家の跡取り候補として平四郎と共に行動することに…。
※平四郎には実子はナシ

この弓之助、見た目がいいだけでなく、機転も利き頭もいい。武道も習っているので、そこそこ強い…という、主役の平四郎より、はるかに高そうなスペックw
登場するのは、上巻の後半からですが、ピンポイントで大活躍する弓之助に、目が釘付けです。


ところで、名前だけ出てくる茂七親分ですが、初ものがたりの時は55才で(byお勢殺し)、今回は米寿を迎えたそうです。
米寿ってことは88才だから、初ものがたりの時から33年が経過したということかしら?
今回出てくる茂七親分の手下(てか)は松五郎
初ものがたりの時にいた権三や糸吉はどうなったのかな~。あの時点で40代と思われる権三は隠居してそうですが、糸吉は当時20代前半っぽい感じだったから、「ぼんくら」に登場してもよかったような気が…。
雰囲気的には今回の手下、松五郎が、ちょうど糸吉の33年後と思えなくはないけれど、、、特に記述はないから別人かな?

というより、今回の話の中で、湊屋という大きな商家がキーポイントになるのですが、湊屋発祥の由来(騒動というか因縁というか…)は30年近く前にさかのぼるそうで、それってちょうど初ものがたりの頃なのでは?
そうなると、その頃の手下糸吉=現在の松五郎だったら、間近でその騒動を見ていたのだから、知らないわけないよな~…やっぱり別人だよなぁと思ったりして。

こういう続編ものは、その辺りの細かいとこがついつい気になっちゃいますねw
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne