忍者ブログ
これまで読んだ本、新しく読んだ本の感想を適当に書いていきます。 ※あくまで個人の感想です!
プロフィール
HN : izumi
性別 : 女性
連絡先 : こちらからどうぞ
ブログ内検索
目次
50音順になってます

悪意
伊良部一郎シリーズ
噂の女
往復書簡
お江戸でござる
オリンピックの身代金
オレたちバブル入行組
折れた竜骨
顔 FACE
化学探偵Mr.キュリー
仮想儀礼
かばん屋の相続
機長、事件です!
Q&A
救命センター当直日誌
金融探偵

コモリと子守り
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さまよう刃
事故―別冊黒い画集Ⅰ
死体置き場で夕食を
十角館の殺人
しまのないトラ
Sherlock: A Study in Pink
シャーロック・ホームズシリーズ
小公子セディ
小公女
真珠夫人
新世界より
ずっとあなたが好きでした
ストロボ
世界の終わり、あるいは始まり
ダウントン・アビーに於ける職業指南書
地球進化 46億年の物語
冷たい川が呼ぶ
天璋院篤姫
トッカン 特別国税徴収官
トッカン The 3rd おばけなんてないさ
トッカン vs勤労商工会
猫のなるほど不思議学
パーカー・パインの事件簿
初ものがたり
福家警部補の挨拶
ブードゥー・チャイルド
ホームズの伝記比較
ホームズ・パロディ(J・トムスン)
星新一のショートショート
「本が売れない」というけれど
ぼんくら
マスカレード・ホテル
マンガ版シャーロック・ホームズ
万能鑑定士Qの事件簿のシリーズ
「見たいテレビ」が今日もない
ミッキーマウスの憂鬱
密室殺人ゲーム王手飛車取り
密室の鍵貸します
みんないってしまう
モンスター
夜行観覧車
霊柩車No.4
ワイルド・スワン
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28

密室殺人ゲーム王手飛車取り



歌野さんの毒々しさがたっぷり堪能出来る一冊です。

ミステリーって、書いたことないけど、おそらくトリックを先に考えて、それに合うストーリーを構築していくものじゃないですかね…。
つまりミステリーに登場する人の命は、話を盛り上げる道具と言いきっちゃうことも出来るわけで。
とはいえ、そんなこと表立って言えることじゃないから、作家は被害者に殺されても仕方がないような動機を考えたり、あるいは犯人を非常に残虐な性格に仕立てたりするわけですね。

そんな建前に真っ向から反発し、まるであざ笑うかのような本が、この密室殺人ゲームです。

この本に登場する「頭狂人」「ザンギャ君」「伴道全教授」「044APD」「axe」というハンドルネームを持つ5人は、現実世界でそれぞれ殺人を犯し、どんなトリックを使用したのかを、ウェブ上で討論します。
ここに登場する人の命は、その討論のための道具。本当にただそれだけの存在です。
まあここまで割り切ったミステリーも珍しいですね。ある意味アッパレw

最初の出題「次は誰を殺しますか?」は、出題者「axe」。
axeは都内で次から次へと殺人をし、殺された人たちの関連を問題にしてます。
この話はちょっと長い。個人的に最初にこれを持ってきたのは失敗じゃないかなーと思う。
もうちょっと5人のやり取りに慣れてから、中盤辺りでもってくればよかったのに…。
しかし次から次へと、よくターゲットを見つけるなぁ…と思ったら最後にその謎が解けますw

次の出題「生首に聞いてみる?」は、出題者「ザンギャ君」。
この問題は密室殺人&アリバイトリック。アパートの一室で某男性を殺し、死体を運び出しますが、死亡推定時刻、アパートの前で工事が行われていて、どうやって死体を運び出したのかが、解決のカギになります。
一応この本の主役「頭狂人」が事件を調べに、関係者に聞きこみに行くのですが、まさかこの聞きこみがラストの複線になろうとは…。
で、このトリック、金田一少年の事件簿辺りで使われそうだけど、絵で見るのはちょっとコワイ…w文章だからまだいいけど…。

次の出題「ホーチミン-浜名湖五千キロの壁」は、出題者「伴道全教授」。
浜名湖のサービスインターで殺人発生!だが、そのちょっと前に教授はベトナムに行ってて(証拠映像アリ)、殺人時刻に浜名湖に行くことは不可能。さて、どうやって殺人をやったのか?
この話は、トリックそのものも面白いけれど、トリックから付随して教授の正体がバレそうになるとこがミソかな。
終盤で教授の正体が判明しますが、そっちか!とちょっとびっくりしましたw

次の出題「求道者の密室」は、出題者「044APD」。
住宅街そのものをがっつり警備してある「とよなかやすらぎの丘」。いわば管理人のいるオートロックマンションを町ぐるみで作った住宅街なのに、その警備をかいくぐって殺人が発生!
殺されたのはごく一般的な会社員ですが、寝室には妻と子供もいたのに、そちらは全く気づかれず殺人実行。
いったいどうやって警備をかいくぐったのか?が、ポイントです。
個人的にはこの話が一番面白いかなー。こういうトリックは動機があったら出来ないような気がします。普通こんな方法絶対選ばないよなぁ~。

次の出題「密室でもなく、アリバイでもなく」は、いよいよ主人公「頭狂人」の出題。
この話は、一見普通のマンションで起きた殺人事件で、密室&アリバイトリックかと思われますが、本当の出題はそこじゃなくて…。
ここで「頭狂人」の正体を「ザンギャ君」が見破りますが、前の生首事件が重要な複線になってます。
が、頭狂人、生首事件でそんなこと言ってたかなー?見直したけど言ってなかったと思う。複線にするならそこはちゃんと書いて欲しかった所かも。

しかし「頭狂人」の正体にびっくりした余韻も収まらないうちに、「044APD」の正体に唖然…そうきたか!!!
各殺人の合間に語られる「頭狂人」の過去話はそういうことだったのね…と納得。

ここから怒涛のラストに向かいますが、「頭狂人」の事件からラストへの一連の流れはなかなか見事だと思いますよ。最初がちょっとグダグダしてただけに、最後は超特急で読み終わりました。

で、しかもこの話、最後は超中途半端!ええーそこで終わりかよ!!
まさかのクリフハンガーなラストに驚愕です。
続きは密室殺人ゲーム2.0に続くわけですが、その話はまた気が向いたら。


この話、私はかなり面白く読めたけど、アクが強いのは事実ですね。人には余り勧めにくい。
何だか自分の趣味とか疑われそうだしw
少なくとも万人にオススメ出来る本ではないのは事実だと思います。
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne